10月15日は「すき焼き通の日」♪

すき焼きに関する本『すき焼き通』が刊行されたことをきっかけに、すき焼き店とすき焼き愛好家で結成された「すきや連」が誕生しました。以来、刊行日である2008年10月15日を記念日として、すき焼きの美味しさと楽しさをアピールする日に制定されたそうです。

すき焼きと言えば、東は割り下を入れて煮込むイメージがありますが、西はいきなり肉を焼いて砂糖・醤油等をかけるイメージです。東と西の食文化の違いは色々ありますが、すき焼き一つとっても全然違うんですよね!

余談ですが、カップラーメンですら、東と西の出汁などは味付けが違います。裏面をよく見ると、「E」が入ってれば「EAST(東」」のEなので東の味付け、逆に「W」と入っていれば「WEST(西)」のWなので西の味付け、といった具合になります。

昔は東の昆布が西に、西のかつおが東に、それぞれ伝えられて普及したことに由来しますが、やっぱり食文化って奥が深いですよねー!背景を楽しみながら食を考えると、より美味しく感じるのが不思議です。

すき焼きが気になる方はこちら

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

検索

最近の投稿

過去の投稿

pagetop