田舎のおばあちゃんを思い出す懐かしい味わい。日本茶にもよく合う銀座豆屋大原の砂糖大豆のご紹介

創業八十年「銀座豆屋大原」老舗のこだわり豆菓子、全32種類の味を順番にご紹介します。

第七弾は「砂糖大豆」です。

砂糖大豆とは、国産大豆に砂糖をまぶした、甘さ控えめなシンプルな豆菓子です。その甘さと素朴な味わいは、ご年配の方々など、昔の味を懐かしむ方々にもお薦めです。

 

手掛けにより表面を包み込む「砂糖掛け」という作業は、掛ける砂糖を煮詰める温度によって食感が大きく左右される為、難しい技術の一つです。

 

大豆は『畑の肉』と呼ばれるほど良質なタンパク質で出来ています。

大豆たんぱく質には、血中コレステロールの低下作用、肥満の改善効果などの生理機能があるといわれ、注目を集めています。
また大豆には、食物繊維、カルシウム、ビタミンB1、葉酸など様々な栄養素が含まれていることから、自然のバランス栄養食ともいえますね。

積極的に食べたい食材ですね。甘いのでお子様のおやつにもいいかもしれません。

 

表面のカリッとした甘い衣と、中の大豆の香ばしさと食感の相性が決め手です。日本茶のお茶菓子としてぴったりですね。

 

意外にもコーヒーの苦味と砂糖の甘さがマッチします。

 

 

サイズは2種類。まずはお試しでご家庭用がおすすめ。ジッパーが付いていていつでも新鮮にサクサク・カリッとした食感が楽しめます。

お気に召したら業務用サイズがお値段的にもお得です。ただ、一度、封を開けてしまうと湿気ってしまったり、酸化して風味が落ちてしまったりするので密閉容器に移し替えてお早めにお召し上がり下さい。

ご家庭用1袋はこのくらいの量です。

そんな砂糖大豆を食べてみたい方はこちらから

銀座豆屋大原 13種類から3種類選べる小分け3袋セット

銀座豆屋大原  13種類から1種選べる 業務用 大袋1袋セット

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

検索

最近の投稿

過去の投稿

pagetop